宇都宮大学管弦楽団

-Utsunomiya University Orchestra-

宇都宮大学管弦楽団第83回定期演奏会

第83回定期演奏会フライヤー

指 揮:北原 幸男
独 奏:澤 亜樹

L.H.ベルリオーズ/劇的物語『ファウストの劫罰』作品24
よりラコッツィ行進曲
P.I.チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 二長調 作品35
L.v.ベートーヴェン/交響曲第5番『運命』ハ短調 作品67

2017年6月24日(土)
開場17:30 開演18:00
宇都宮市文化会館 大ホール
全席自由 一般¥800 学生¥500
※就学前のお子様の入場はご遠慮ください。

《 主 催 》  宇都宮市民芸術祭実行委員会・宇都宮大学管弦楽団
《 後 援 》  宇都宮市・宇都宮市教育委員会・宇都宮市民憲章推進協議会・下野新聞社・栃木よみうり
         栃木リビング新聞社・(株)とぎちテレビ・NHK宇都宮放送局・宇都宮ケーブルテレビ・(株)栃木放送
         (株)エフエム栃木・タウン情報もんみや・Japanist・朝日新聞宇都宮総局・産経新聞社宇都宮支局
《チケット取扱》 栃木県総合文化センター・宇都宮市文化会館・上野楽器 オリオン通り店
         宇都宮大学生協(峰)・チケットぴあ FKDショッピングプラザ宇都宮店(福田屋百貨店 宇都宮店)
《問い合わせ》  定期演奏会実行委員会事務局 Email:uu.orche.concert@gmail.com

指揮者紹介

北原 幸男(Yokio Kitahara)

 桐朋学園大学卒業。卒業後NHK交響楽団指揮研究員となる。その後、タングルウッド音楽祭で小澤征爾、レナード・バーンスタイン両氏の指導を受ける。
 1985年プラハの春国際コンクール第3位入賞。1985年から1992年までインスブルック・チロル歌劇場専属指揮者として活躍。
 1992年ドイツのアーヘン市立歌劇場の常任指揮者、1993年には音楽総監督に就任し、1996年まで務める。これまでに、海外ではハノーヴァー、キール、ダルムシュタット、プラハの主要オペラハウス、中米(ホンジュラス)、北欧(エストニアなど)、リンツ・ブルックナー管、北ドイツ響、北イスラエル響、プラハ放送響、ブダペスト響、ブカレスト・フィルなど、40以上のオーケストラに客演を重ねる。

 国内でも、NHK交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルをはじめ多くのオーケストラに招かれると共に、新国立劇場、びわ湖ホール、関西二期会などのオペラ公演を指揮し高い評価を得ている。
1992年N響定期公演の『ショスタコーヴィチ:交響曲第11番』CDをリリース。
 1993年、グローバル音楽奨励賞を受賞。東京都交響楽団と『ショスタコーヴィチ:交響曲第5番』、日本フィルと『ブラームス:交響曲第1番』のCDが続けて発売された。
2008年より、天皇皇后両陛下主宰の国賓を招いての宮中晩餐会、午餐会、洋楽演奏会の指揮者を務める。
2009年は御結婚50年御即位20年の記念洋楽演奏会を指揮。
2013年、下總皖一音楽賞(埼玉県)を受賞。
2014年、文化芸術活動推進への貢献により、富士見市より表彰された。
現在、宮内庁式部職楽部指揮者、武蔵野音楽大学教授。埼玉県富士見市文化芸術アドバイザー。

<ホームページ>
http://yukio-kitahara.com

ソリスト紹介

澤 亜樹(Aki Sawa)

 東京藝術大学付属音楽高等学校大学中の2002年より1年間、イギリスに留学し、ベラ・カトーナ氏に師事。2006年、第17回パリ国際バッハコンクール・ヴァイオリン部門で第2位受賞。2009年、藝大モーニングコンサートに出演、藝大フィルハーモニアと共演。2010年、東京藝術大学音楽学部主席卒業。学内にて安宅賞、アカンサス音楽賞受賞。同年、第36回藝大室内楽定期演奏会、第338回藝大定期「新卒業生紹介演奏会」に出演。また、ウクライナのキエフにて、ウクライナ国立フィルハーモニーと共演。2011年、青山音楽賞新人賞受賞。2010年より2年間、文化庁新進芸術家海外研究員として、英国王立音楽院に留学し、最高位のDiplpma of Royal Academy of Nusic(DipRAM)を得て主席卒業。ロンドン交響楽団2010/2011シーズンString Experience Music Scheme研修生。2012年、松方ホール音楽賞受賞。2014年、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。終了時に大学院アカンサス音楽賞受賞。東京文化会館にてデビューリサイタルを開催。2015年より東京藝術大学音楽部室内楽科非常勤講師。

演奏会会場

宇都宮市文化会館 大ホール

Google Mapへ移動

inserted by FC2 system